大黒柱のアンソニー・マクヘンリーが攻守に存在感を発揮し、チームを支えた。 持ち前の鋭いドライブシュートや、ファウルを誘って得たフリースローを5本中4本決めるなど14得点。守備ではキブエ・トリムの8リバウドに次ぐ7リバウンド。