今秋の仁川アジア大会、世界選手権(カザフスタン)代表選考会を兼ねた重量挙げの全日本選手権最終日は25日、岩手県の奥州市江刺中央体育館で行われた。男子105キロ超級の沖縄国際大1年、知念光亮(豊見城高出)はスナッチで168キロを挙げ、自身が3月に樹立したジュニア(20歳以下)記録を更新した。ジャークは195キロ、トータルは363キロで2位だった。

 同級はロンドン五輪代表の太田和臣(九州国際大職)がスナッチ188キロ、トータル412キロとそれぞれ自身の日本記録を更新して8連覇した。新垣光希(南部工高-金沢学院大)はトータル280キロで7位。

 女子75キロ級は神谷歩(豊見城高出、金沢学院大職)がトータル209キロで2位、仲村理奈(同)がトータル207キロで3位、知念ひめの(糸満中-大阪産業大付高)がトータル166キロで7位、阿部美月(豊見城高-金沢学院大)はトータル163キロで8位。

 女子75キロ超級は七戸美空(豊見城高-金沢学院大)がトータル198キロで4位だった。