米軍普天間飛行場に配備されたオスプレイの低周波音がCH53ヘリに比べて最大約20デシベル高いことが、琉球大の渡嘉敷健准教授(環境工学・騒音)の調査で分かった。

 16日午前9時16分にオスプレイ、同28分にCH53が離陸した時の騒音を、普天間第二小学校屋上で測定した。測定は風の有無などに影響されるが、ほぼ同じ気象条件で2機種を測定できたのは初めてだという。

 オスプレイの低周波音は周波数63ヘルツで99・4デシベルと、心理的影響の基準値を大幅に超えた。CH53は同じ周波数で70・2デシベル。渡嘉敷准教授は「20デシベル大きいと4倍うるさく、不快に感じられる」と説明する。

 辺野古新基地建設の環境影響評価(アセスメント)がCH53を想定していたことについて、「被害が明らかにならない。オスプレイの実機飛行をすべきだ」と指摘した。