「バカ、が自分のあだ名でした」。琉球大学の教室で5月31日、那覇市の高校生、新城飛翼(つばさ)さん(15)が同級生からいじめられたり、教師から排除されたりした小中学校時代の経験を語った。法文学部の授業「働くこととつながることの社会学2」で大学生を前に、自身のつらい体験を公の場で初めて話した。