創部5年目の真志喜が、全勝で頂点に立った。喜舎場鈴主将は「みんなの気持ちをひとつにして、戦うことができた」と喜びをかみしめた。 初日に北谷と豊見城に連勝し、九州大会出場を決めていた。最終日のテーマは「確実に勝つこと」。試合開始から終始ボールを支配し、2位を目指していた神森に力の差をみせつけた。