【本部】静岡大学の鈴木款(よしみ)教授らは26日までに、サンゴの白化は酸化を防ぐための自己防衛機能が作用した結果の可能性があるという見方を沖縄タイムスの取材に対して明らかにした。