【宮古島】宮古島産サトウキビの糖蜜を原料としたバイオエタノールを約3%混合したガソリン「E3」の一般発売が27日、宮古島市西里の「E3宮古給油所」で始まった。価格はレギュラーガソリンより1リットル当たり1円安く設定。同日、下地敏彦市長ら関係者が、循環型社会を目指し実証事業などを経てこぎ着けた給油所のオープンを祝った。

E3を公用車に給油する下地敏彦市長=27日、宮古島市平良西里

 市が一括交付金などを活用して2012年度から実施する「市バイオエタノール高効率製造・流通事業」。日本アルコール産業がサトウキビの搾りかすを使ってエタノールを製造、りゅうせきがE3を作り、宮古給油所が販売する。市は、11年度までの実証事業として公用車やレンタカーにE3を供給していた。

 開所式で、下地市長は「製造コストの縮減、島内での事業化により新たな産業の創出などを目指していく」とあいさつした。りゅうせきの尚諭石油販売本部長はりゅうせきSSグループの給油所で「E3」の一般販売は初めての試みといい「循環型社会の構築への一助になることを祈念する」などと述べた。