仲井真弘多知事は30日午前の記者会見で、次期知事選(11月予定)への対応を、早ければ県議会6月定例会で表明する考えを示した。普天間飛行場の名護市辺野古への移設が次期知事選の最大争点になるかどうかは「いろんな課題の一つと思う」と述べ、一つの争点に特化した「ワン・イシュー選挙」になることへの警戒感を示した。

定例会見で記者の質問に答える仲井真弘多知事=30日午前、県庁

 知事は、次期知事選への対応をまだ決めていないとした上で「常識的には議会で進退、考えを表明するというのがこれまで主流になってきている。議会は(知事選までに)6月、9月しかなく、9月では遅いかなという人がいる」と述べた。

 知事選と辺野古新基地建設の関連では「基地問題は大きな課題ではあるが、教育より上か下か、産業振興よりどうか、子育て、離島振興に比べてどうか。基本的に横並び。すべて同じ重さの課題だと思っている」との認識を示した。