【名護】名護漁協(古波蔵廣組合長)は30日、臨時総会を開き、米軍普天間飛行場の移設先とされる名護市辺野古への新基地建設に伴い沖縄防衛局や沖縄県から求められていた、建設に伴う岩礁破砕の同意、キャンプ・シュワブ提供水域の一部見直しについての意見書、同水域の承諾の計3件について、いずれも賛成多数で可決した。