社会人野球の第85回都市対抗大会九州地区予選の開会式が30日、沖縄セルラースタジアム那覇の会議室で行われた。

力強く選手宣誓する沖縄電力の平田太陽主将(中央)=沖縄セルラースタジアム那覇

 各チームの代表者ら約50人を前に、大会委員長の仲田和弘県連盟会長は「沖縄でやっと九州予選を開催。31日から8日間、全12チームが思う存分力を発揮してほしい」と激励した。

 選手を代表して沖縄電力(県第1代表)の平田太陽主将は「社会人らしく、マナーアップを徹底し、正々堂々と戦う」と選手宣誓を行った。

 初の本大会出場を目指すビッグ開発(県第2代表)の仲村竜之介主将は「地元開催なので、応援にきてくれる方々に、全力でプレーする姿をみてもらいたい」と力を込めた。

 初日の31日は、ビッグ開発が、浦添市民球場の第1試合(午前10時開始)で、西部ガス(福岡市)と対戦。てるクリニック(県第3代表)は、沖縄セルラースタジアム那覇の第2試合(午後12時半開始予定)で九州三菱自動車(福岡市)と初戦を行う。