【名護】名護漁協が臨時総会で辺野古新基地建設計画に伴う岩礁破砕の同意や制限水域の拡大に承諾したことに対し、稲嶺進名護市長は30日、「一番海を大切にしなきゃならない人たちが、自分たちの生活の場を脅かすようなことに積極的に協力するというのはちょっと考えられない」と批判した。

 稲嶺市長は「海は漁師以外の人も利用する。(新基地建設は)辺野古の海の話だけではなく、周囲にも必ず影響を及ぼす話。市としては懸念せざるを得ない」と述べた。