県内初開催となる野球の第85回都市対抗大会九州地区予選兼第53回九州社会人選手権第1日は31日、沖縄セルラースタジアム那覇ほかで1回戦4試合を行った。沖縄第3代表のてるクリニック(那覇市)は九州三菱自動車(福岡市)に5-4で競り勝ち、2回戦に進んだ。

てるクリニック-九州三菱自動車(福岡市) てるクリニック8回表1死三塁、上原光徳の中犠飛で三走の比嘉将太(右)が決勝のホームイン=沖縄セルラースタジアム那覇(古謝克公撮影)

 沖縄第2代表のビッグ開発ベースボールクラブ(那覇市)は西部ガス(福岡市)に1-8で敗れ、敗者復活トーナメントに回った。

 第2日は1日、準々決勝4試合を行い、沖縄第1代表の沖縄電力は浦添市民球場で午前10時から西部ガスと、てるクリニックは沖縄セルラースタジアム那覇で午後0時30分(予定)から熊本ゴールデンラークス(熊本市)と対戦する。大会は7日まで、12チームが本大会への3枠を懸けて争う。

■コツコツ加点 接戦制す

 クラブチームのてるクリニックが企業チームの九州三菱自動車に打ち勝ち、九州大会で初勝利を挙げた。

 失策で二回に2点を先制されたが、三回に2番友寄翔の右前打、四回に6番比嘉将太の中前打で同点。再び2点を許した後も、こつこつと1点ずつ返し、八回に上原光徳の犠飛で5-4と勝ち越した。

 相手を3本上回る12安打を浴びせ、うち3本の長打を全て得点に結びつけた。

 3安打の友寄は「クラブチームがどれだけ戦えるかがテーマだったけど、力むことなく自分たちの力を出せた」と満足げ。

 八回1死から三塁打で出塁し、犠飛で逆転のホームを踏んだ比嘉将は「企業チームとの対戦で、学びながら野球ができる。序盤は力の差を感じていたけど、打線がつながった」と喜び、次の熊本ゴールデンラークス戦に向け「今日のように、できることをやるだけ」と力を込めた。