【堀江剛史通信員】名護市の子弟研修制度で昨年9月から半年間、同市の名桜大学で研修した2世の前田みゆきさん(29)がこのほど帰国、成果を振り返った。

ブラジル名護市親睦会の末吉業幸会長(右)と、自分の水彩画の作品を見せる前田みゆきさん

 日本語や英語を学び、水墨画や書道、三線の文化研修のほか、保育士も体験した。歴史学習で訪れたひめゆりの塔も印象に強く残ったという。

 小中学校を過ごした福井で興味を持った書道と水墨画の教室にも通った。「特に顔彩という色付け用の絵の具を使いこなすことが難しい」と笑顔で語る。今後は学んだ技術を生かし、水墨画をあしらったTシャツ販売会社の起業が夢だ。

 前田さんが生後6カ月の時、交通事故で亡くなった名護市出身の父、俊和さんの幼少期を知る人にも会い、共に生家などゆかりの地を巡った。「父のことが理解できうれしかった」という。

 今回知り合った関係者とはインターネット上の会員制交流サイトなどで頻繁に連絡を取っており、「これからはブラジルと名護をつなげたい。いろいろな経験が自分にとってとてもためになった」と研修制度の意義を語った。