4月の夏季大会に続き前原同士の対決となった個人組手男子決勝は、主将の玉城大護が冷静な試合運びで、副主将の伊藤大賀に勝利し、初の県総体王座に就いた。2大会連続制覇した玉城は「緊張感の中で、自分の間合いが取れた」と勝因を語った。 左前構えの伊藤に対し、右前構えで応戦する玉城。