息詰まる投手戦を制したのは読谷だった。 0-0の七回、2死走者なしから新城涼平が二塁打でチャンスメーク。続く新垣駿の右翼線への打球がランニング本塁打となり、ついに均衡を破った。「甘い球を思い切り右打ちしようと狙っていた。本塁打になるとは思わず、うれしかった」と会心の笑顔だった。