【糸満】沖縄県平和祈念資料館の子ども向けの企画展「沖縄戦への道-70年前、その時、何が…-」が2日、糸満市摩文仁の同資料館で始まった。入場無料、7月7日まで。

企画展閲覧コーナーで、戦時中の雑誌を見る修学旅行生たち=2日、糸満市摩文仁の沖縄県平和祈念資料館

 展示は地上戦前の1944年の1年間に絞り、旧日本軍が着々と軍備配備を進め、県民が戦争に巻き込まれていく状況を月ごとに写真とパネルで紹介している。軍国主義を教えるための国語教科書、メンコや雑誌などの資料を並べ、当時の子どもたちの生活を解説したコーナーもある。

 資料館の平田守学芸員は「戦前の子どもたちの日常生活に焦点を当て、小学校高学年の児童が学びやすいように展示を工夫した。平和学習に活用してほしい」と来館を呼び掛けた。