オリオンビール(嘉手苅義男社長)が3日発表した2014年3月期決算は、観光客の増加や消費動向の改善など県内景気が好調だったことに加え、海外向け販路の拡大や限定商品販売の効果などで売上高が前期比3・8%増の216億6800万円となった。経常利益はリゾートホテルの開業準備に掛かる費用の増加で3・4%減の25億7800万円。当期純利益は前期あった不動産売却益の反動減で16・6%減の15億8200万円となり、増収減益だった。

オリオンビールの業績

オリオンビールの売上数量

オリオンビールの業績 オリオンビールの売上数量

 県内、県外、海外向けの販売数量すべてで売り上げ実績が前年を上回った。夏季限定ビールやアサヒビール社との共同開発商品など新商品を投入したほか、海外では新たにニュージーランドでの販売が始まり、出荷量増に貢献した。

 売上高の増加に伴い、原材料費など販売費が増加した一方、製造原価の減価償却費が減少して経費全体で4000万円を削減、営業利益は7・7%増の24億4900万円だった。営業外費用はリゾートホテルの開業準備費が増えて1億7800万円増の4億6200万円となり、経常利益は3・4%減となった。

 ビール類の売上数量(6万3990キロリットル)のうち、県内の占める割合は約87%の5万5609キロリットル、県外は約11%の6971キロリットル、海外は約2%の1408キロリットルだった。15年3月期は、それぞれ前期比1・3%、16・6%、68・3%の増を目指している。

 15年3月期は、ことし7月に開業する本部のリゾートホテルの売上高17億円の見込みと、メガソーラーの売電収入2億2000万円の計画が新たに加わり、売上高は11・4%増の241億3100万円、経常利益はホテル開業に伴う減価償却費の増加で24・2%減の19億5500万円を見込んでいる。

 嘉手苅社長は会見で「特に県外、海外の販路拡大に向けて新商品開発にも積極的に取り組んで挑戦し続け、新たに始まるホテルやメガソーラー事業と併せて増収を目指したい」と話した。