沖縄物産企業連合(那覇市、羽地朝昭社長)が3日公表した2014年2月期決算は、売上高が前期比8・1%減の23億3110万円、経常利益は同比2・8倍の1188万円で、減収増益となった。経営不振で昨年3月に閉鎖した沖縄物産専門店「琉球ワールド」(神戸市)の資産処理で1億2500万円の特別損失があり、1億2173万円の当期損失を計上した。

 15年2月期の売上高は3・8%増の24億2072万円、経常利益は約2倍の2457万円を見込んでいる。