女王西原にとっては後味の悪い6連覇となった。 決勝リーグで唯一、先に2勝して迎えたコザとの最終戦を1-2で落とし、得失セット率でどうにか1位となった。