女子走り高跳びは徳本鈴奈(那覇西)が1メートル72を跳び、21年ぶりに大会記録を更新した。マットに落ちて1回転すると、両手で小さくガッツポーズ。「最後の県総体で、大会新はうれしい」と喜んだ。 6日前の練習で左足の付け根を痛めたため、この日は優勝を決めたらやめる予定だった。