野球の第85回都市対抗大会九州地区予選兼第53回九州選手権第5日は4日、沖縄セルラースタジアム那覇で、前日に降雨のため中断になった沖縄電力(浦添市)―JR九州(北九州市)の第1代表決定トーナメント準決勝を再開した。試合は1―5の九回裏沖電2死一、二塁から始まったが沖電が4―5で敗れ、決勝進出を逃した。

 「先頭」打者の田場亮平が3点本塁打で1点差。なおも2本のヒットで2死一、二塁と攻め立てたが、反撃もここまでだった。

 沖電は4日、引き続き同スタジアムで敗者復活トーナメント3回戦に出場し、三菱重工長崎と対戦する。午後0時45分開始予定。

 第1代表決定トーナメント決勝は5日、同スタジアムでホンダ熊本―JR九州が代表権を懸けて激突する。