【石垣】石垣市新栄町のJAおきなわファーマーズマーケットゆらてぃく市場(幸喜英信店長)の買い物客が2日で100万人を達成し、前後の客も合わせ、計3組の家族に野菜の詰め合わせを贈った。

100万人目前後のお客さんと大台突破を喜ぶJA関係者ら=石垣市、「ゆらてぃく市場」

 同店は2011年4月にオープン。初年度26万人、12年度は31万人で、13年度は新空港開港の影響もあり、約35万人と右肩上がりに来店者が増えてきた。

 店内で開かれたセレモニーでは生産者会の大島正嗣代表が「会員も品目も増え、地産地消を進めている。安心安全を第一にいい野菜果物を提供したい」と力を込めた。

 100万人目となった市登野城の宮良政美さん(55)は孫の離乳食を作ろうと来店。多くの野菜を買い込んだ後、段ボール1箱分の詰め合わせセットをもらい笑顔。「新鮮な野菜を求め週1度は必ず来店する。安心の野菜で離乳食を作りたい」と喜んでいた。