沖縄県警交通規制課は4日、国道58号のバスレーン規制を7月14日から朝夕それぞれ30分短縮すると発表した。8月初旬までに、国際通りなどすべてのバスレーンで時間を短くし、規制時間帯を統一する。1974年のバスレーン実施以来、時間帯変更は初めて。同課は「規制の短縮で渋滞緩和が期待できる」としている。

 7月14日から規制時間帯が変更されるのは、朝は国道58号の伊佐交差点-久茂地交差点の区間で午前7時半から午前9時。夕は旭橋交差点-第1天久バス停前の区間で午後5時半~同7時。終了時間が30分繰り上げられる。国際通りなども同じ時間帯に変更される。

 規制課によると、年々増える交通量でバスレーン以外の道路での渋滞が厳しくなり、緩和を求める市民の要望が高まっていたことや、道路によって異なる規制時間帯で混乱が生じていたことなどを挙げている。