【中部】米海軍ヘリから懐中電灯が落下した可能性がある件で、嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会(三連協)の當山宏嘉手納町長は「部品などの落下事故が頻発しており、あきれて言葉も出ない。極めて異常な事態と言わざるを得ない」と憤った。事故頻発の背景に訓練激化を指摘した上で、同基地所属機すべての飛行を停止して機種点検と搭乗員の安全管理を徹底することを求めた。

 沖縄市の桑江朝千夫市長は「地上に落としていたとしてもおかしくない話だ。管理上の問題で、パイロットは緊張感が足りないのではないか。遺憾であきれてしまう」と述べた。

 三連協では事故の詳細を把握した上で、近く抗議行動をする予定とした。

 沖縄県の又吉進知事公室長は米軍機からの部品などの落下事故が相次いでいることに、「人身被害が出ていないとはいえ、大事故につながっていた可能性も十分にある。米軍は安全管理を徹底し、再発防止に力を入れるべきだ」と話した。