終盤の追い上げも及ばず、1トライ差で敗れたコザ。當眞豊監督は「名護の術中にはまった」と悔しがった。 自慢のFW戦で優位に立てず、名護を勢いづかせた。「相手は最初から激しく、受けにまわってしまった」と島千尋主将。「自信を持ってどんどんいくべきだった」と反省した。