那覇市議会与党会派の自由民主党新風会(金城徹会長)と安慶田光男市議会議長は5日、11月予定の知事選に向け、翁長雄志那覇市長(63)に出馬要請した。要請後に記者団の取材に応じた翁長氏は「これまでの立場を堅持して那覇市長としてできることを考える」とする一方、「最大与党会派の要請はいろんな意味で考えることはあるかと思う」と述べ、出馬受諾に含みを持たせた。

翁長雄志那覇市長(右)に出馬要請書を手渡す那覇市議会与党会派の自由民主党新風会の金城徹会長=5日午後、那覇市役所

 翁長氏は要請について「市民やいろんな角度から『出た方がいい』『出ない方がいい』などの声が日常的にある」と説明。

 要請に対する回答については「(今は)何も考えていない。迷惑にならない程度(時期)に回答したい」とし、「白紙の状態が劇的に今日変わるということはないが、気持ちは大変うれしく受け止めている」と述べた。