プロバスケットボールbjリーグで2季ぶり3度目のリーグ制覇を果たした琉球ゴールデンキングスの伊佐勉ヘッドコーチ(HC)、金城茂之主将、片野竜三セールスマネジャーが5日、優勝報告で沖縄タイムス社を訪れた。

花束を受け取る琉球ゴールデンキングスの伊佐勉HC(左から2人目)。左端は金城茂之主将、右端は片野竜三セールスマネジャー=沖縄タイムス社

 伊佐HCは「今季初めてHCを務め、最後までびびっていたけど、選手たちが本当に一生懸命頑張ってくれた」と振り返った。

 今季は外国人選手とのマッチアップなど守備でも貢献した金城主将は、「得点面では期待に応えられなかったけど、自分にしかできない守備で出場させてもらった。まだまだ弱点だらけなので、もっと頑張りたい」と来季以降に向けて意気込みを語った。

 片野セールスマネジャーは「年々チーム数が増えて厳しくなっている中、小さい沖縄のチームが活躍できるのはうれしいこと。支えてくれる皆さんの優勝だと思っている」と話した。

 沖縄タイムスの豊平良孝社長は「本当におめでとう。来季もすごい試合を見せてください」と激励した。