野球の第85回都市対抗大会九州地区予選兼第53回九州選手権第6日は5日、沖縄セルラースタジアム那覇で、第1代表決定トーナメント決勝を行い、沖縄県出身の玉城誠監督率いるホンダ熊本(大津町)が3-2でJR九州(北九州市)を下し、4年連続9回目の本戦(東京ドーム)出場権を獲得した。

 敗者復活の第3代表決定トーナメント1回戦の沖縄電力(浦添市)は5-4の九回サヨナラで熊本ゴールデンラークス(熊本市)を下し、準決勝に駒を進めた。

 沖電は4-4の九回無死一、三塁、田場亮平が中前適時打を放ち、サヨナラ勝ちを決めた。6日、沖縄セルラースタジアム那覇で、三菱重工長崎(長崎市)と第3代表決定トーナメント準決勝で対戦する。午前10時開始予定。

[きょう6日の試合]

▽第3代表・準決勝〈セルラー那覇、10時〉

沖縄電力-三菱重工長崎

▽第2代表・決勝〈同、12時半〉

JR九州-西部ガス