4-4で迎えた九回裏無死一、三塁、沖縄電力の田場亮平がすくい上げた打球はふわりと浮き、中前に落ちた。劇的なサヨナラ打にも「落ちてくれと祈った。いい所に飛んでくれた」と喜びは控えめだった。 苦しい試合だった。