「父の日」を前に、沖縄県酪農農業協同組合は5日、牛乳の「ちち」に引っ掛けた毎年恒例の消費拡大キャンペーン「父の日には牛乳(ちち)を贈ろう!」の周知活動の一環で、県に県産牛乳を贈った。

県産牛乳をグラスに注ぎ、消費拡大を期して乾杯する新里菊也会長(左から2人目)、高良倉吉副知事(同3人目)ら=5日、県庁

 全国的なキャンペーンで、2006年度から県でも実施。牛乳の持つ「イライラ解消の役割」などの機能性も積極的にアピールし、牛乳のイメージ向上と継続的な消費拡大につなげることを目指す。

 同日の県庁での贈呈式で、県酪農青年部連絡協議会の新里菊也会長が高良倉吉副知事に寄贈。その場でワイングラスに注ぎ、消費拡大を期して高らかに乾杯した。

 新里会長は、糖尿病や肥満の改善などに効果があることを紹介し「日ごろ疲れているお父さんに牛乳を飲んでもらい、明日への活力と元気をつけていただきたい」と期待。

 高良副知事は「地産地消、食育の観点からも取り組みは重要。県の長寿復活、人口増の取り組みにも大きく寄与する」と喜んだ。