6日は二十四節気の一つ「芒種」。沖縄では前の節気「小満」と合わせ、「小満芒種」といい、梅雨の時季を指す。

収穫期を迎え、黄色く咲き誇るヘチマの花=5日午前10時ごろ、南風原町山川(国吉聡志撮影)

 南風原町山川にある神里豊子さん(75)の畑では、ヘチマが収穫期を迎えていた。豊子さんは「2週間後には黄色い花が畑いっぱいに咲く。ヘチマは太陽の光を浴びれば、もっと甘くなる。早く梅雨が明けないかね」と額の汗をぬぐった。

 沖縄気象台によると県内は向こう1週間、前半は晴れる所があるも、後半は梅雨前線などの影響で雨の日がある見込み。