九州厚生局沖縄麻薬取締支所と県警は6日までに、薬事法上の指定薬物(通称α‐PHPP)約2キロを中国から国内に輸入したとして、沖縄県内在住の男4人を薬事法違反(指定薬物輸入)の疑いで逮捕・送検した。同支所や県薬務疾病対策課によると、指定薬物の検挙は県内初。4人はいずれも容疑を否認している。

 同支所によると、家宅捜索では、「脱法ドラッグ」とみられる粉末や植物片のほか、原料や製造道具、全国の脱法ドラッグ店に卸したとみられる伝票も多数押収。脱法ドラッグ製造所の摘発は全国3例目という。同支所などは4人が脱法ドラッグを製造し、全国発送したとみて調べている。

 同支所によると、4月30日、指定薬物を国際郵便物2個に隠し、中国の郵便局から那覇市と宜野湾市のマンションへ発送、関西国際空港経由で輸入した疑い。