民主党県連(喜納昌吉代表)は7日の選挙対策本部会議で、6月中をめどに知事選に向けた政策を取りまとめる方針を確認した。海江田万里代表が23日の慰霊の日に来県するまでの策定を目指す。

 会議では県知事選と県議補欠選で独自候補を擁立することも確認。翁長雄志那覇市長が知事選に出馬した場合に実施される那覇市長選でも独自候補を立てる。

■政党名を「民主党県連」に戻す

 民主党県連は7日までに、政党名を昨年11月に変更した「沖縄民主党」から「民主党県連」に戻すことを決めた。