「チャンピオンはやはり違う。うまかった」。172センチの長身と、長いリーチを生かした野性味あるボクシングで挑んだ知念勇樹(琉球)は、技巧派の王者・木村悠(帝拳)に完敗した。体格で劣るチャンピオンが予想していたほど前に出てこず、打ち合いを回避したことが誤算だった。