沖縄電力が2本の本塁打で勝負を決めた。1点を追う六回2死。ここまで、西部ガスの先発左腕にわずか2安打に抑え込まれていた場面で、今大会初スタメンの2番渡慶次道彦が打席に入った。「思いっきり振ることだけを考えていた」と2球目のスライダーを振り抜くと、左越えの同点本塁打となった。