「損害賠償してもらわないと、生活できないぐらい相当な被害ですよ」。これまでに複数回、はえ縄を切られたことのあるという県近海鮪漁協所属「みね丸」の男性船長(53)は憤る。 はえ縄漁は複数の漁船が横一列に並んで、約50キロメートルもの長さの縄を後方に流しながら航行する。