【宜野湾】宜野湾市は6日までに市内の防犯灯3250本を、全てLEDに取り換えた。同日、真志喜区公民館で佐喜真淳市長や23自治会長が出席して点灯式を開いた。今後は新たに250本設置する予定で、地域の防犯強化や経費両面で負担軽減が期待できる。

市内の防犯灯をLED化した宜野湾市の佐喜真市長(中央)や自治会長会の伊波会長(左)=宜野湾市真志喜区公民館

 市によると、自治体全域でLED化するのは宜野湾市が初めて。1千万円で市内業者とリース契約。これまで自治会が対応してきた故障や破損なども業者が請け負う。

 改修や維持管理費として補助金を出してきた市の負担は10年で700万円、電気料金などを負担する自治会は10年で4千万円の削減を見込んでいる。

 佐喜真市長は「市内の防犯を強化し、安心安全なまちづくりに寄与すると思う」と期待。

 自治会長会の伊波健会長は「これまで防犯灯の管理費は自治会予算の1割を占めてきた。経費削減に期待したい」と喜んだ。