全国高校体育連盟はこのほど、ハンドボールの第22回日韓中ジュニア交流競技会(8月23~29日・岩手県)の日本代表選手として、男子は興南高3年の下地利輝、女子は浦添高3年の富本望美を選出した。2人とも、国際大会への出場は初となる。

下地利輝

富本望美

下地利輝 富本望美

 下地は「日本を背負う立場として、一戦ずつ頑張りたい。経験を糧にして、後輩たちにもつなげたい」と意欲を示した。富本は「まさか選ばれるとは思わなかった。初の国際大会で緊張すると思うが、スピードを生かして自分らしくプレーしたい」と意気込んだ。