11月予定の沖縄県知事選の行方に大きく影響するとみられているのが、公明党県本部の判断だ。普天間飛行場返還問題で名護市辺野古移設の反対を堅持する公明県本内では「埋め立てを承認した現職で闘うのは厳しい」との意見が根強い一方で、自民との連立維持を踏まえた難しい判断を迫られる。