【沖縄】本島中部地区の中部病院(松本廣嗣院長)、中頭病院(宮里善次院長)、中部徳洲会病院(伊波潔院長)、ハートライフ病院(奥島憲彦院長)の4病院は10日、中部保健所で大規模災害時の相互応援に関する協定を締結した。沖縄県内で同様の協定は初めて。

大規模災害時協定の締結した中部地区4病院の関係者ら=10日、中部保健所

 締結式で4病院の院長が協定書に署名した。大規模災害などで、独自では十分な医療活動ができなくなった場合、被災者の救出・搬送・応急措置などに必要な医療機器や物資の提供、救急活動に必要な職員の派遣と車両の提供などの応援を要請できることなどを定めている。内容の検証や見直しを年1回行う。

 同保健所の伊礼壬紀夫所長は締結を喜んだ上で「中部地区で4病院では少ない」と指摘。災害時に重傷者が多数発生し4病院に集中した場合でも乗り切るためには、他の医療機関の支えが必要だとして「医師会との協力をさらに進めるために調整、検討を続けていく」と話した。

 今後の課題として「同様の協定の全県的な広がり」「各消防による救急搬送などの連携」「司令塔的役割をどこが担うか」などが上がった。