プロ野球の日本代表「侍ジャパン」と大リーグのオールスターチームが戦う「日米野球2014」(仮称)のエキシビションゲーム(公開試合)が、11月20日に沖縄セルラースタジアム那覇で行われることが10日、決まった。沖縄県内開催は初めて。

 大リーグオールスターチームは8年ぶりの来日で、全7試合を予定している。11月11日に日本プロ野球80周年を記念して甲子園球場で行う阪神・巨人連合チームとの対戦を皮切りに、東京ドームほかで日本代表と5試合を行う。沖縄開催はエキシビションとして位置づけられた。

 誘致した県の仲井真弘多知事は「国際的スポーツイベントが本県で開催されるのは喜ばしい。アジアだけでなく世界に『スポーツアイランド沖縄』を発信できる絶好の機会で、今後のスポーツや観光の振興などに役立つ。間近で世界最高水準の技術を見られる機会で、県民に夢、希望、感動を与えてくれると考えている」とコメントした。

 いずれもナイトゲームで、開始時刻は未定。