【東京】米軍普天間飛行場の代替施設建設に当たり、防衛省が沖縄県名護市辺野古沖の工事区域の目印として設置するブイの内側を、立ち入り禁止にすることで米側と協議していることが10日、分かった。閣議決定で官報の告示変更や日米合同委員会での合意など指定の方法について本格的な工事開始前に調整を急いでいる。

キャンプ・シュワブ沖のブイ設置線

 ブイは防衛省が安全確保を理由に設置するもので、埋め立て区域を大きく取り囲むように施工区域としての境界線上にブイを張り巡らせる計画。

 埋め立て区域、施工区域とは別に設定されている米軍への提供水域(第1~5区に分類)は、沿岸に接する区域のみが「常時立ち入り禁止」だが、その他は航行や漁業の制限なしとされている。

 ブイの設置ラインの内側全域を立ち入り禁止区域とすることで、提供水域で定められた範囲よりもより広い区域が立ち入り禁止となり、反対派の活動を阻止する狙いもあるとみられる。

 反対派の行動をめぐっては、刑事特別法の適用も視野に政府が検討しているが、立ち入り禁止区域への進入時に即逮捕に結びつけるかや、提供水域の一部で禁止している「継続的行為」の適用は、関係省庁との協議や米軍の判断にもよる。そのため、立ち入り禁止や漁業などの活動を制限する場合の判断や管理についても米側と調整を続けている。(比屋根麻里乃)