琉球銀行(金城棟啓頭取)と沖縄ジェイ・アドバイザー(知念榮治代表)は11日、県内企業を支援する業務提携を締結した。沖縄ジェイ・アドバイザーが、月次決算策定などの企業の内部体制構築を支援するスマート・コーポレート・ガバナンス契約を結ぶ企業のうち、適切な企業経営ができていると判断した企業を琉銀に推薦。琉銀は、推薦された企業の内部管理体制や決算情報が信頼性が高いものとして、融資条件を優遇する。

 同日、会見した宮城竹寅常務は「沖縄ジェイ・アドバイザーからの推薦は信用性があり、迅速な審査も可能。企業の育成に貢献し、県経済の活性化にもつなげたい」と述べた。

 沖縄ジェイ・アドバイザーの高山征嗣CEOは「経営管理体制の強化が企業の信頼性を高め、融資の担保にもなりうるという画期的な提携だ。今後も企業価値の向上に取り組んでいきたい」とした。