希少な動植物が多数生息する八重山諸島で外来種の駆除が進んでいる。石垣、小浜、黒島、新城に定着した大型鳥類のインドクジャクは、おう盛な食欲でヘビなど小動物をあさり、生態系への影響が懸念されている。竹富町は新しい駆除方法として、本年度から「クジャク探索犬」を導入。繁殖期に卵を探し当てる取り組みを始めた。