自転車の第6回ツール・ド・シンカラ2014は12日、インドネシアで第6ステージ(111キロ)が行われ、日本代表チームの内間康平(北中城高―鹿屋体育大出、ブリヂストンアンカー)が2時間37分48秒で優勝し、第1ステージに続いて2勝目を挙げた。

 序盤から独走した内間は、残り30キロからアタックを仕掛けて2位に39秒差をつけて突き放した。同ステージで日本代表は1位。

 内間は個人総合では29位につけている。