男子走り高跳び決勝は津波大樹(南風原)が同じ2メートル02を跳んだライバル高良留佳(那覇西)を試技数差で制し、栄冠を手にした。 「ベストの跳躍」になるという8、9本目に2メートル台試技が回るよう、試技スタートを1メートル80にした。1メートル80から96までを1発クリア。