【宮古島】防衛省の武田良太副大臣は12日、宮古島市役所に下地敏彦市長を訪ね、陸上自衛隊警備部隊の配備計画について、宮古島を「有力候補地の一つ」として現地調査する意向を示した。下地市長は調査に関して理解を示したが「具体的な配備は、市民の意見を聞いて対処する」と述べるにとどめた。

会談後、握手を交わす下地市長(右)と武田防衛副大臣=12日、宮古島市役所

 会談で武田副大臣は「先島諸島をはじめ、部隊の空白地域を解消するのが重要な問題」と説明。災害時の迅速な初動対応が住民の安全を守る上で重要などと述べ、防衛体制の充実に理解を求めた。

 具体的な配備計画や規模、配備場所に関する言及はなかった。

 下地市長は「沖縄周辺海域を中心として国際情勢は緊迫している。島しょ防衛は重要だと認識している」と応じた上で「調査内容は調整したい」と述べた。

 会談後、武田副大臣は報道陣に、部隊規模について長崎県の対馬警備隊を参考に「初動任務を遂行できる最小限の規模」として、350~400人で検討していることを明らかにした。

 一方、市役所玄関では、市の下地島に自衛隊の誘致を求める団体と配備反対を訴える団体がともにシュピレヒコールを上げ、一時騒然となった。