【北谷・宜野湾】12日午前、北谷町や宜野湾市で道路の陥没や崖崩れが見つかった。

道路の真ん中が大きく陥没した栄口大通り=北谷町吉原

民家裏のがけが崩れた現場=12日、宜野湾市普天間

道路の真ん中が大きく陥没した栄口大通り=北谷町吉原 民家裏のがけが崩れた現場=12日、宜野湾市普天間

 北谷町吉原の栄口大通りで午前8時10分ごろ、「道路が陥没している」と、119番通報があった。沖縄署や消防などによると、1車線の道路中央で縦1・8メートル横1・9メートル深さ2メートルほど陥没。通行中の乗用車が穴に落ち、タイヤがパンクしたが、けが人はいない。大雨の影響とみられ、沖縄署などが詳しく調べている。車両の通行は規制され、復旧工事が進められている。

 近くの住民は「家の中にまでドンという大きい音が聞こえ、外に出てみると、地面に大きな穴が開いていた」という。現場は約2週間前にも道路が陥没し、工事があったばかりという。

 宜野湾市普天間では午前9時ごろ、民家裏の高さ約8メートルの崖の最上部から下約3メートル、幅約6メートルにわたり崩れ落ちているのを、庭に出た住人が発見した。