【伊江】伊江村内の小学3年生以上の児童・生徒を対象とした「伊江村科学少年団」が結成された。「いえじまっこ探検隊」として児童19人が入団。沖縄サイエンスキャラバンが、年6回のプログラムを支援する。科学少年団の結成は県内初という。

道路脇に自生していた草を摘み、草笛に挑戦する子どもたち=5月31日、伊江村東江上区

 子どもたちは、島の文化財や自然、産業を学び郷土への愛着を深め、身近なものをテーマに科学・文化的な視点を養う。島の古代人の謎を探ったり、海洋生物観察などのプログラムを年6回予定している。

 村教育委員会(宮里徳成教育長)が取り組み、5月31日に結成式があった。同教委文化財担当の玉榮飛道さん、県公衆衛生協会の長田英己さんと岸信朋さん、村在住の名嘉元新精さんが指導する。

 結成式後、子どもたちは屋外に出て、「伊江島を探検しよう」をテーマに史跡・戦跡見学や自然観察など約1時間半のフィールドワーク。玉榮さんの説明を聞きながら熱心にメモを取った。発見した虫や草花を話題に取り上げ、草笛やカタツムリ笛に夢中になる場面も。子どもたちが自由に「みる・つくる・ふれる・かんがえる」活動が行われた。

 伊江小6年の知念理夢(りむ)君は「僕たちの知らない伊江島がまだまだあると思う。次回の研修が楽しみ」と喜んでいた。(屋嘉比りさ通信員)