【うるま】うるま市与那城宮城島の製塩業・ぬちまーす(高安正勝社長)は、フランス最大手の老舗百貨店ボン・マルシェが8月にパリで開催する日本フェアで、同社の主力商品「ぬちまーす」を販売する。昨年11月のプレ交易会で沖縄を訪れた同百貨店のバイヤーに商品を売り込み、約半年の交渉で取引が成立した。

フランスで販売するぬちまーすをPRする高安正勝社長(中央)ら=うるま市宮城島・ぬちまーす本社

 ボン・マルシェは1852年創業の世界初の百貨店。地元の富裕層や観光客が多く訪れるという。日本展は8月25日~10月18日までで、ぬちまーすのほか全国から選ばれた食品などを販売する予定。

 ぬちまーすは、約10年前からフランスやドイツの食品展覧会に出品するなど欧州での販路を模索していた。個人輸入業者との取引はあったが、安定出荷には結び付かなかったという。

 高安社長は「フランスの業者との商談ノウハウがなく成立までにはだいぶ苦労があったが、これを機会に欧州での定番化を目指したい」と意気込みを話した。